<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Recently... 最近。。。

I peaked at 9 and for the past couple of times cooking, I got sevens. I need to control my salt.

9は最高にしました。そして最近前の二回の料理をするのは7点をもらいました。塩加減はもっと注意しなければなりません。

I'm sad.

悲しかった。

But I'm going to try harder. Next time 8, 8 or more! Yeah!

でもがんばります。次8、8以上!よし!

Next thursday I'm making a ham and cheese souffle, stuffed tomatoes, and grilled steak topped with anchovie butter.

来週の木曜日ハムとチーズのスフレとスタッフと・トマトとアンチョビ・バターを載せたグリルしたステキ
[PR]
by ekwok | 2006-10-29 01:31 | Le Cordon Bleu

Pork Chops and Mustard-Pickles Sauce

For the past two weeks now, I've been cooking and presenting my dishes to the chef/instructor every Thursday and Friday. And my marks have been okay but nothing to get too excited about.

この三週間毎木曜日と金曜日は料理してシェフに見せていました。点数はまあまあですけどすごくはない。

Well, yesterday, I made pork chops and he must have liked that because he gave me a 9 out of 10. A nine! I was shocked.

昨日ポーク・チョップを作りました。シェフはそれ好きでしたから、私に十分の九をくれました。九でした。びっくりしました。

He looked at the plate and said the parsley was nice and very fine. Then he tasted my potato puree then my pork chops with sauce and then my sauce. He was silent during the whole time so I was nervous. Then he says, "Great." "Delicious." "Great job." I was relieved and happy.

シェフはお皿を見てパセリについて細かくて良いと言いました。そして僕のポテト・ピュレを味見してポーク・チョップとソースを味見してソースだけを味見しました。味目する中シェフは静かでした。だから心配しました。そして「すごい。」とか「おいしい。」とか「上手。」と言いました。心配しなくなってうれしかったです。

I almost died.

死にそう。

Later on the assistant came over to tell that I was the first and only one to get a nine in the class.

その後アシスタントは僕にクラスで一番目と一人だけ九点を受けたと言いました。

After tasting, the chef asked me some questions about whether I ate a lot of French food or if I cooked everyday, etc. I said no to all questions.

味見したら、質問を聞きました。「よくフランス料理を食べます」とか、「毎日料理します」とか。「いいえ。」と言いました。

After scoring, I brought my plate back to my station and I didn't know it but the chef was following me. And then to my surprise, he asked a couple students to see my plate. With that, other students also came over in order to see what's happening. Then they asked to taste my plate. Then everyone use their index finger, poked my sauce and tasted it.

先生が採点(さいてん)した後、作業台(さぎょうだい)に料理を持って行きましたが、シェフも僕の後を付いて来ていました。ビックリしました、シェフは僕の料理を見せるためにクラスのひとを二人呼びました。その上に、ほかの人も何が起こっているのを見に来ました。そして僕の料理を味見してもいいと聞きました。もちろん。そしてみな僕のソースに人指し指で刺して味見しました。

I was happy.

うれしかったでした。
[PR]
by ekwok | 2006-10-21 00:46 | Le Cordon Bleu

I browned butter. バターを少し焦がしてしました。

I browned my butter.

僕のバターを少し焦がした。

This was the first time for me to cook in such a nice kitchen. There were some excellent pieces of equipment and it was well equipped with all the necessary things cooks would need.

初めて、すてきな台所で料理しました。素晴らしい調理器具(ちょうりきぐ)があるし、料理をする人に必要な道具が全てあります。

Today was a simple potage with bacon and paysanne de legumes, which means vegetables cut into 1 cm by 1 cm chips. It was a little intensive since I was trying to get everything perfect but I was very happy to be in the kitchen. However...

今日はシンプルなべーコンとパイザンヌ・ド・レギュームのポタージュです。パイザンヌ・ド・レギュームは小さな薄切りにした野菜です。1cmで四角いです。ちゃんと切りたかったから、ちょっと大変でしたが台所にいれたことがうれしかったです。しかし。。。

I browned my butter. I completely melted some butter in a pot with high heat before I added my bacon, cut into lardon shapes and before I knew it, the butter browned. The chef came by and saw that I had browned my butter and said, "Kwok-san, don't brown the butter. Write it down in your notes. Cook it slowly, slowly."

僕のバターを少し焦がした。鍋にラルドンに切ったベーコンを加える前に強火で十分バターをとがして突然(とつぜん)バター少し焦げてしました。シェフ来て僕の少し焦げたバターを見て「クォックさん、バターを焦がさないでください。ノートにこれを書いて。ゆっくりゆっくり作って。」と言いました。

Finally, when I presented my soup to him, he said it was delicious. But the color of soup was darker than that of the other students. And if he didn't see that I had browned my butter, I could have gotten a higher score. I got 7 out of 10.

やっとシェフにポタージュを見せて「おいしい。」と言いましたけど僕のポタージュの色はほかの同級生(どうきゅせい)のより茶色くなってしました。もしかしたらシェフは僕の焦がしたバターを見ないで僕のスコアはもっと高いはずでした。7/10をもらいました。

However, things weren't so bad. He was impressed when I got my water boiling at the very beginning. I knew that boiling water always takes a lot time (all those times cooking for the Singles group paid off) so it's good to get that going first. At first, I thought I was in trouble because he shouted to the class, "Who's water is this?" Then the guy next to me, pointed at me and said, "Him." And then chef said something along the lines, "Great! Getting the water going first." I was happy.

しかし全て悪くなかった。シェフは最初に水を沸騰させることに感心(かんしん)しました。いつもお湯について時間がかかることを分かりました。だから最初に水を沸騰させたほうがいいです。(シングズ・フェローシプに料理した経験(けいけん)が手伝ってくれました。)まずシェフはみなに「だれのお湯?」と大きい声で呼びました。となりの人は僕に刺して「彼です」と言いました。トラブルを受けると思いました。しかし何か「すごい!最初にみずを沸騰させること。」かと言いました。僕、うれしかったです。
[PR]
by ekwok | 2006-10-02 01:23 | Le Cordon Bleu